お台場ユニコーンガンダムが凄すぎる

投稿日: カテゴリー: ダイバーシティー東京 プラザ注目情報

ユニコーンガンダムがお待ちしてます

「都会の農園BBQ広場」があるダイバーシティー東京は実物大ガンダムのある施設としても有名です。
現在のユニコーンガンダムは2017年9月にお披露目され、毎日多くの人が訪れているお台場のランドマーク的存在です。
ガンダムファンだけでなくとも、その大きさとかっこよさに圧倒されるはず。しかも思わず「わぁ~」って声が出ちゃう演出も行われています。

お台場ダイバーシティーユニコーンガンダム

初代ガンダムからユニコーンガンダムへ。

そもそもお台場に初めてガンダムが登場したのは、2009年に潮風公園で開催された「GREEN TOKYOガンダムプロジェクト」のシンボルキャラクターとしてでした。ガンダム人気もあり、このプロジェクトの期間内入場者は当初予想の150万人を大幅に上回り約415万2000人で、近くで見ることも大変な状況でした。
その実物大ガンダムは2012年4月のダイバシティー東京のオープンとともに、再び台場の地にやってきたのです。潮風公園の時は周りに大きさを比較するものがなく、視覚的には18mという大きさをあまり実感出来なかったようですが、ダイバーシティー東京の前にそびえ立つその勇姿は圧巻でした。
そして、ガンダム立像の展示は、2017年3月5日に終了、新たに2017年9月24日からはユニコーンガンダムの展示が始まりました。

迫力満点の変形と発光!

さて、そのユニコーンガンダムですが、全高19.7メートルで、重量は49トン。角の開閉や顔のモード変更、全身50カ所が発光し、肩、腰、膝パーツが展開するユニコーンモードからデストロイモードへの変形を再現した演出が毎日行われています。

昼はユニコーンモードからデストロイモードへの変身が1分間、11:00、13:00、15:00、17:00で。

夜は、立像と壁面に映される映像とのコラボレーションが人気の演出「WALL-G」が下記時間にて実施されています。
・19:30 機動戦士ガンダムUC RE:MIX0096(5分7秒)→『機動戦士ガンダムUC』のBGMを澤野弘之氏が今回のために再アレンジ。作品を彩った音楽と名場面を共に振り返る演出
・20:00 機動戦士ガンダムUC SPECIAL MOVIE“Cage”SawanoHiroyuki[nZk]:Tielle(3分35秒)→澤野弘之氏により「実物大ユニコーンガンダム立像」テーマソングとして書き下ろされた新曲“Cage”のために制作された、WALL-G限定スペシャルミュージックビデオ。
20:30 翔べ!ガンダム2017(2分15秒)→1979年放送当時の『機動戦士ガンダム』のオープニング楽曲に合わせ、元の映像の雰囲気そのままに、ガンダム部分を3DCGで新作、再構成。今回のユニコーンガンダムが、最初のガンダムと同じ宇宙世紀を舞台にしており、世界観の繋がりを意識した作品。
21:00 機動戦士ガンダムUC RE:MIX0096(5分7秒)→澤野弘之氏により「実物大ユニコーンガンダム立像」テーマソングとして書き下ろされた新曲“Cage”のために制作された、WALL-G限定スペシャルミュージックビデオ。
21:30 機動戦士ガンダムUC SPECIAL MOVIE“Cage”SawanoHiroyuki[nZk]:Tielle(3分35秒)→澤野弘之氏により「実物大ユニコーンガンダム立像」テーマソングとして書き下ろされた新曲“Cage”のために制作された、WALL-G限定スペシャルミュージックビデオ。

ユニコーンガンダム立像とともにダイバーシティー東京にオープンした、世界最大のガンプラショップ「ガンダムベース東京」、ガンダムの世界観が楽しめる「ガンダムカフェ」も合わせて楽しめます。
7Fのガンダムベース東京は、全世界のガンプラファンに向けた公式ガンプラ総合施設です。施設内は、買って、作って、見て、学んで楽しめる4つのゾーンで構成され、子供から大人までガンプラを存分に楽しみ尽くせます。ショッピングゾーンでは、約2,000種の商品と1,500種の展示品が並び、懐かしいガンプラも手に入れることが出来ます。ビルダーズゾーンでは、初めての方も安心、マイスターがガンプラ作りを教えてくれます。もちろんガンダムベース限定品など、ここでしか手に入らないものもあります。

2Fにあるガンダムカフェでは、人気キャラクターを中心としたメニューが用意されています。名物はジャブローコーヒー。ジャブローは、コーヒー豆が作られている南米の土地の名前。そう、あの「地球連邦軍」の総司令部があるとされる場所です。巨大な地下鍾乳洞を利用した軍事施設は、広大な熱帯雨林のジャングルの中にあり、出入り口も植物などでカモフラージュしているため位置を特定しにくい。また、その詳細は軍事機密のため不明である。そんな秘密の場所を思い浮かべながら、至高のブレンドが味わえます。

他におすすめは、ガンダムカフェラテ、ココア、抹茶ラテといったホットドリンク。ガンダム/シャアザク/アッガイ/ハロ/ビスト財団/ネオジオンなど、好きなキャラクターをラテアートしてもらえ、テンションあがります!お値段は421円(税込み)です。

ベストショットを撮るには・・

最後にユニコーンガンダムの撮影ポイントについてです。
まずは正面ショット。これは当然押さえておきたいですよね。でも正面真正面からだとせっかくの角(メインアンテナ)の部分がわかりづらい・・斜めショットもお忘れなく。
バックショットは階段を上った展望スペースからがGOODです。
時間とお金に少し余裕のある方はダイバーシティ東京プラザの6FのレストランAPOLLOというレストランからユニコーンガンダムを見下ろしてみて下さい。
窓側の席がゲット出来るかどうかは、運次第ですが・・・

都会の農園BBQ広場からは残念ながらユニコーンガンダムは見えませんが、ガンダムの世界とセットでBBQもぜひお楽しみ下さいね!